« ペットの歴史:Ⅲ part3 | トップページ | リーフとの出会い »

2006年11月24日 (金)

ペットの歴史:Ⅳ

私は、一人暮らしをしている時にインコを飼っていました。
ちょっと、写真が見難いですが、クリックして拡大すると見やすいと思います。

Sbsh0010
名前は、『ゆう』です。
この子は、私が一人暮らしを始めてしばらくして、飼いはじめました。
昼間、誰もいないのでヒナは無理なので、少し大きくなった子を飼った為か、あまり人に懐かず、自分から飼い主の所にやってきたりはしませんでした。それでも、肩に乗せるとじっとしていたり、寝ていると突付きにやってきたりしていました。
人に慣れないせいでのストレスからか、いつからか餌を食べても口から吐き出したりしていたのですが、私はあまり気に留めておらずそのままにしていました。ある日、私は朝から出かけていて、夕方帰ってくると鳥カゴの中にある、ピンク色の階段の下に頭を突っ込んだまま、亡くなっていました・・・
私は、あまりのショックにしばらく『ゆう』を手に乗せたまま泣いていました。
そのあとは、近くの駐車場に埋めに行きました。
死に方が、あまりにも悲惨な状態だったため可愛そうなことをした・・・と思います。
階段の下にもぐりこんで抜けなくなってしまったのか、死んだ場所がたまたまそこだったのかは・・・わかりません。

« ペットの歴史:Ⅲ part3 | トップページ | リーフとの出会い »

コメント

◆YUKAさん
結構、飼ってらしたんですね。でも、管理とか結構大変ですよね。
リンク、OKですよ!!

◆mintさん
飼ってた子が亡くなるのって、ほんとに悲しいですよね。子供の頃は、予測できないことが多くて、急に死んでしまうことも多いですもんね。

こんばんは^^
私のブログにリンクしてもいいですか?

私も小学生の頃、家でインコ5匹くらい飼ってました。
小動物とのお別れは予測できないと思います。
ウチの小鳥達も朝起きたら・・・みたいなパターンでした。
ハムスターもまだ親ハムが生きているのに子供の方がある日突然冷たくなっていたとか・・・。
ハムが具合悪くて病院に連れて行ったら「体が小さいので手術等はリスクが高い」と言われ、悲しいけれど自然な形で寿命を迎えるしかないのかな~ということを思いました。

私も子供の頃、飼ってました^^
多い時で8匹。
ゆうちゃんの亡くなり方はショックですが、たまたま亡くなった場所がそこだったんじゃないでしょうか?
ペットが亡くなるのは悲しいですよね・・・。
インコは実家の庭にお墓作ってあげたけど、現在花が植えてあります・・・お墓の存在を忘れてました!!罰当たりです!!

◆ブースカママさん
留守中に亡くなってしまって、ほんとに、可愛そうなことをしてしまいました・・・

◆ひでのひめさん
鳥を飼うって、簡単なようで難しいですよね。うちも、以前実家で文鳥や、インコ、ジュウシマツなどたくさん飼ってました。

◆レイナさん
ほんとに、たまたまであって欲しいです。
不調に、早く気が付いてあげていれば・・・
可愛そうなことをしました。

◆星子さん
可愛がってた子を亡くすのはほんとに、辛いですよね。ほんとに、動物から学ぶこと、多いですよね。

◆きゃろさん
動物を飼う時って、ワクワクしますよね。
その反面、失った悲しみは倍になります・・・

◆たまちゃんさん
埋めたところは、今住んでるところから遠いのでなかなか行けません・・・でも、行ってあげないとですね・・・反省(-_-;)

◆さえママさん
飼ってる子を亡くすと、今度飼う子はもっと、大事にしようって思いますよね。

こんばんは~
ゆうちゃん、可愛いですね♪私も小さい頃からインコは一緒でした。。。最近亡くなった(実家で)インコは水飲み場に頭を入れて死んでいたようです。。。ずっと調子が悪くてお水を飲みに来て倒れたのか、支えられなくて、溺れてしまったのか分かりませんが、父はとても悔やんでいました。。。今は新しいインコを一生懸命(?)可愛がっています。
ゆうちゃんも、原因は分からなくても、ちびたさんと居られた時間は幸せだったと思いますよ。。。

可愛がってる 自分のペットが亡くなるのって 辛いですよね。(ToT)/~~~
埋めた所には たまに行ってるんですか?
たまにだけでも 行ってあげてね。
私も マンション暮らししてる時
ハムスターを飼ってましたが 私達の前で
亡くなり 泣きました。
そして マンションの近くに 埋めてあげました。仕事に行く通り道なので いつも おはよう、ただいま、なんて 心の中で言ってます。

私も、飼っていたインコとかハムスターとか・・・信じられない形で死んでるのを見ました。凄くショックでした。
たまたま・・・って思いたいです。
でも・・・ゆうちゃんは、大好きなちびたさんに送ってもらって、喜んでると思いますよ。

私もインコを飼っていたことがあります。本当にカワイイんですよね。
動物が亡くなった時は、どのような亡くなり方でも後悔をしてしまいますが、動物が亡くなる度に、たくさんのことを学びますよね。

私も昔飼っていたカナリヤが水のみ場に頭を突っ込んで死んでいるのを見つけて呆然&大泣き・・・。以来鳥は飼っていません><
ゆうちゃんの亡くなり方もびっくりですが、きっとたまたま亡くなった場所だったと思いますョ。(私の鳥もそうであったと思いたい)

私が小学生の頃、インコたくさん飼っていました。
卵をおなかにつまらせて死んだ子のことがいまでも忘れられません。
ゆうちゃんも残念な亡くなり方かもしれませんが、ちゃんと弔ってもらえて良かったと思っているでしょうね。

ゆうちゃん、かわいいインコちゃんですね。

留守中に亡くなったとの事、原因がわからないのが残念でしょうね。
ちびたさんがちゃんとお弔いしてあげられたのを天国で見ていたと思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペットの歴史:Ⅲ part3 | トップページ | リーフとの出会い »

フォト
無料ブログはココログ